神から人へ◎無気力・無関心な人の救済

神から人へ。人から神へ。

教えて残し、伝えて広げ、神の願いを、祈りを、声を、人に託して、改悛(かいしゅん)待たん。

真(まこと)の人の目覚めを待たん。目覚め、気付きて、変わるを待たん。

人の世界の今日までの、永き苦労と困難の道。なれどかくまで荒れぬれば、今早(いまはや)待てぬ。時の迫れり。

人間自身の立て替え直し。神の手助け、頼るなよ。自ら立て替え、改めよ。人の真(まこと)の努力と精進。

精神高めて、自ら禊げよ。

精神退廃、文明堕落。狂乱、騒擾(そうじょう)。汚染、壊滅(かいめつ)。今 必定(ひつじょう)の、地球の終末。

今を悔い詫び、改悛せずば、この世に残す何物もなし。

一度(ひとたび)神の怒りに触れなば、この世を消して、なくすも容易。

なれどあやまち繰り返し、未来永劫(えいごう)、向上なくば、創りても無駄。生かすも徒労。なれば最後の警告、通告。

よく耳澄まし、聞き取れよ。素直に、謙虚に、正確に。

あやまち誤解し、早まるなかれ。神の望まぬことは、すなよ。ただに従い、導かれよ。他に欲望、雑念入れるな。

愚かなまでの素直さにて、赤子と同じ無垢なる心で、神を信じて、預けてゆけよ。

余計な心配、取り越し苦労、人知の浅慮(せんりょ)は、弊害ばかり。かえりて浄化を妨ぐるのみ。

なれば早くに心入れ替え、さらなる昇華(しょうげ)を目指しゆけよ。ただに任せゆき、委ねゆき。従い、倣(ならい)い、付いて来(こ)よ。

さにて本日、何を問うや。

(今、罪悪心とか、責任感、自責の念というものが、非常に衰えているように思われます。無気力に、全く意欲を失った人たちを救っていけるものでしょうか)

そもまた難(むずか)し。答え難(がた)し。

人それぞれに、荒(すさ)みし心。希望も光も失いて、方向なくせし船の舵(かじ)。行くべき方(かた)に、何も見えず。

何を目指して生くべきか。誰を敬い、信ずるべきか。

今のこの世の、悲しき現状。嘆くのみには、何も生まれず。なれば少しの辛抱もてよ。今より悪くなることはなし。今が最も低き時代と、諦(あきら)め、無心に努力捧げよ。

なれば救えぬ魂も、今の位置より這(は)い上がり、心に微(かす)かの希望も生まれん。

なれど自ら救えぬ者は、いくら励まし、奇跡を見せど、弛(たゆ)みし心に、張りは戻らず。

倦(う)みし心に鞭(むち)を当て、かえりて倒れん、老馬の如く。

責任感も忘れ果て、生きる価値すら見出せぬ。さなる魂、腐りぬれば、光も届かず、光も届かず、伝わらぬ。

神の光のその前に、人は人とし、助け合えよ。先ずは人の 優しさ温(ぬく)もり。その後、神との出会いを助けよ。

ふたぎし耳にいくら呼びかけ、慰め与えど、そは性急(せいきゅう)なり。神のみ声を聞くまでには、精進(しょうじん)昇華(しょうげ)が必要なれば。

なればこそなり。手伝えよ。人には人しかなせぬ業(わざ)あり。

神の光の届かぬ者を、神の前まで導きて、素直に神と対峙(たいじ)させ、神の光を浴びさせよ。

一度(ひとたび)気付き、立ち直りなば、人の浄化は勢い増して、必ず救われ、昇華せん。

希望も生まれ、意欲も湧きて、心のゆとりを、取り戻さん。

さなる段階、次元までは、人のなすべき救いなれば、見捨てず、癒し、安らげてやれ。

凍(い)てし心に、温もり与えよ。そよ風の如(ごと)、和(なご)ませてやれ。

降る雨の如(ごと)、慈愛の如(ごと)、渇(かわ)きし心に、潤(うるお)いを。

命の息吹を 甦(よみがえ)らせよ。

さなる手伝い、誠のこもれる、誠心誠意の手伝いを、神は喜び、慈(いつく)しまん。

一人二人の努力にても、神には千人万人の如(ごと)。嬉しく、尊く、ありがたく。

さなる神の御心を、悟りてくれよ。気付かせてくれよ。

なれど神の御心を、悟りてくれよ。気付かせてくれよ。

なれど神のみ思うになく、救うべき人、隣人に、神の光を当ててゆけよ。

ことばを広げて、知らせてくれよ。あまなく伝えて、残してくれよ。

今の緊急の、最後の時なり。慌(あわ)てず、なれど、急ぎてくれよ。

さにて。

ひふみともこ著 「神誥記」より

ひふみともこHP

http://hifumitomoko.cocolo-.nifuty.com/blog/