炎天下の日間賀島観光 中編 ( オートバイ )

 いや〜昨日も暑かったですね〜 あまりの暑さに何もする気がせず、昨日は2時半ごろ愛機Zでちょろっと走っただけで、後は部屋でおとなしくしていました。

 っていうか、一昨日日間賀島を一周歩いた疲れもあって、何もできなかった、というのが正直なところです、せっかくの3連休だと言うのに、結局2日目だけが充実していて、それ以外は大したことをせずもったいない連休でした、、、、、

 さて今日も昨日に引き続き日間賀島観光の続きを書きます。

 さてこちら、ハイジのブランコです、大きな松の木の枝にロープをかけ、大きくこぐと海の方まで体が前に出ます、結構大きなブランコで、その大きさからハイジのブランコと言う名前が付いています、、、、

 写真のご婦人はどこかの方です、我が家のかみさんは恥ずかしがり屋で、このブランコに乗りませんでした、楽しいのに!

 ハイジのブランコの写真を撮影した後は、再び前に進みます、すると海水浴場が現れました、写真の棟は監視所ですが、凄く暑いというのに泳いでいる人はまばらです、海水浴場で水着のお姉ちゃんでも見物しようかと思っていましたが、そんなの全然いません、日間賀島にはビキニのお姉ちゃんはやってこないんですかね??? 

 この辺りが湘南海岸とはちょっと違う気がします。

 ガラガラの海水浴所を横目に歩いていると、突然信号が現れました、おそらく島内唯一の信号でしょう、この場所が日間賀島東港になります。

 こちらのもやっぱりタコがお出迎えです。

 こちらは東港近辺の民宿です、夏になるとこの民宿に泊まって海水浴を楽しむんでしょうね〜 なんか昔の湘南の様です。

 東港に到着した時刻がちょっとお昼に早い11時でしたので、ここはパスして出発点の西港を目指します、すると、、、、、

 日間賀島の駐在所が現れました、建物もタコのデザインになっています、なんだか泥棒の様にも見えます(笑)

 東港から約20分ほど歩くと、出発点の西港に到着しました、おおむね2時間で日間賀島をぐるっと回ったことになります。

 するとちょうどお昼の時間でしたので、西港にある食堂を覗いてみます、するとタコ飯を売りにする食堂が目に留まり、そのお店で昼食を取ることにしました。

 それがこのお店です、『角晴』というお店です、2時間も歩いたので、お腹がペコペコです、少し待たされましたが、ようやく昼食にありつけます。

 テーブルに案内され、メニューを見ると、タコ飯、アジフライ定食、シラス丼、タコカレー、などが目に留まり、その中から、、、、

 私はタコ飯を、

 かみさんはシラス丼を、各々注文しました。

 さてお味ですが、クス(笑) 正直言って???です、特に味噌汁は、全然ダシがきいていなくて、味噌の味しかしませんでした、おまけにタコ飯も???です。

 一方かみさんのシラス丼も、スーパーで売っているような釜揚げシラスをどんぶりに盛っただけで、何の特徴もありません。

 通常あまり『まずい』とは書かないですが、このお店は正直言って、茶わん一杯のタコ飯と、味噌をお湯で解いた味噌汁、それとお新香とゆでだこの刺身が付いた定食が¥1,000と、結構高いと感じたので、正直に書かせてもらいました。

 以前地元の江ノ島で、さかずき一杯ほどの生シラスと、9割が釜揚げシラスを盛っただけの生シラス丼が¥1,700もして、文句を言いかけましたが、とりあえず味噌汁はまともで、どんぶりもシラス以外に野菜が豪華に盛られていたので、どうにか耐えて食べましたが、今回はそれ以上です。

 アメリカみたいにチップ制度があったら、しっかりチップで『サービスが悪い、味がまずい』と表現したのに、、、

 と、このように、ちょっと残念な昼食を取り、その後はおやつでも食べ、お土産を買って帰ることに、、、、、

 この先は明日に続きます。